メールソフトの設定:[Outlook2016]

1.Windows のコントロールパネルを開きます。
スタートメニュー → Windows システムツール → コントロールパネル を押します。

img
2.ユーザーアカウントを押します。

img
3.「ユーザーアカウント」が表示されます。 「メール」または「Mail(Microsoft Outlook 2016)」をクリックします。

img
※ 「メール」または「Mail(Microsoft Outlook 2016)」が表示されない場合
  Outlookをメールの既定のプログラムに設定します。
 ▼手順
 1.Windows のコントロールパネルを開きます。
  [スタートメニュー] → [Windows システムツール] → [コントロールパネル]をクリックします。
 2.[コントロールパネル]から「ネットワークとインターネット」をクリックします。
 3.[ネットワークとインターネット]が開いたら「インターネットオプション」をクリックします。
 4.[インターネットのプロパティ]が開いたら「プログラム」のタブを開き、
  [インターネットプログラム]の「プログラムの設定(S)」をクリックします。
 5.[既定のプログラム]が開いたら「既定のプログラムの設定」をクリックします。
 6.[既定のアプリ]が開いたら「既定のアプリの選択」から「メール」をクリックし、
  プルダウンメニューから「Outlook」をクリックします。

4.初めてOutlook2016にアカウントを設定する場合のみ必要です。
  設定済みの場合は「手順6」へお進みください。

「追加(D)…」を押します。

img
5.初めてOutlook2016にアカウントを設定する場合のみ必要です。
  設定済みの場合は「手順6」へお進みください。

「新しいプロファイル」が表示されたら、プロファイル名に「Outlook」と入力し「OK」を押します。

img
6.「メール設定」が表示されます。
「電子メールアカウント」を押します。

img
7.「電子メールアカウント」が表示されます。
電子メールタブで「新規(N)…」を押します。

img
8.「自動アカウントセットアップ」が表示されます。
「自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする(手動設定)(M)」にチェックを入れ、「次へ」を押します。

img
9.「サービスの選択」が表示されます。
「POPまたはIMAP(P)」にチェックを入れ、「次へ」を押します。

img
10.「POPとIMAPのアカウント設定」が表示されます。

入力項目は下記をご覧ください。
ニフクラ レンタルサーバー(旧ニフクラ ベーシックホスティング)のアカウント情報について

名前 差出人として表示する名前
電子メールアドレス 利用するメールアドレス
アカウントの種類 POP3
受信メールサーバー お客様のPOP3サーバー (pop.お客様ドメイン名)
送信メールサーバー お客様のSMTPサーバー名(smtp.お客様ドメイン名)
アカウント名 利用するメールアドレス
パスワード 利用するメールアドレスのパスワード
パスワードを保存する 任意
メールサーバーがセキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)に対応している場合には、チェックボックスをオンにしてください チェックしない

•「新しいメッセージの配信先」
追加するアカウントによって送受信されるメッセージの配信先 (保存先) を決めます。
•「新しい Outlook データファイル」
追加するアカウント専用のデータ ファイルを新しく作成して保存します。
•「既存の Outlook データ ファイル」
既存のアカウントと同じデータ ファイルに保存します。
※ 初めて Outlook を起動した場合は、Outlook データファイルがまだ作成されていないため、「既存の Outlook データ ファイル」を選択することはできません。

入力が完了したら「詳細設定」を押します。

11.「インターネット電子メール設定」が開いたら「送信サーバー」タブを押します。
送信サーバー(SMTP)は認証が必要:チェックする
受信メールサーバーと同じ設定を使用する:チェックする

img
12.「詳細情報」タブを押します。
下記の情報を入力します。

受信サーバー(POP3):995(経路暗号化あり(pop over SSL))
このサーバーは暗号化された接続(SSL)が必要:チェックしてください。
送信サーバー(SMTP):465(経路暗号化あり(pop over SSL))
サーバーのタイムアウト:任意
使用する暗号化接続の種類:SSL/TLS
サーバーにメッセージのコピーを置く:チェックしません。(推奨)

入力が完了したら「OK」を押します。

※経路暗号化なし、サブミッションポートの設定を行われる場合は以下をご確認ください。
受信サーバー(POP3):110(経路暗号化なし)
このサーバーは暗号化された接続(SSL)が必要:チェックしません。
送信サーバー(SMTP):587(経路暗号化なし)
使用する暗号化接続の種類:なし

img
13.POPとIMAPの設定に戻り、「次へ」を押します。

img
14.アカウント設定のテストが実行されます。
テストが完了したら「閉じる」をクリックします。

img
※エラーが表示された場合は設定した項目を見直してください。
※「テスト電子メール メッセージの送信:送信(SMTP)メールサーバーに接続できません。このメッセージを引き続き受信する場合は、サーバー管理者かインターネットサービスプロバイダ(ISP)に問い合わせてください。」と表示された場合はインターネットに接続されていないか、セキュリティソフトの影響を受けている可能性があります。必要に応じてセキュリティソフトの設定変更や停止、解除を行ってください。

15.設定完了が表示されたら「完了」を押します。

img
以上で設定完了です。

簡単インストーラー