SSLリダイレクト設定

httpからhttpsへのリダイレクトについて

httpからhttpsへのリダイレクトは .htaccessを使用することで設定が可能です。この設定を行うことにより、WEBサイトの訪問ユーザーの通信を常に安全なSSL通信に限定することができます。

本項でご案内している手順は、あくまで参考例となります。詳しい設定方法などについては、お客様ご自身でWebサーバー(Apache)の専門書籍等をご確認ください。なお、お客様にて独自に作成された.htaccessについては当社サポート対象外となりますのでご了承ください。

リダイレクト設定例

テキストエディタで、「.htaccess」設定ファイルを作成し、以下のコードを貼り付けてください。最終行の末尾には改行が必要です。すでに「.htaccess」が存在する場合には、上書きではなく追記してください。

<IfModule mod_rewrite.c>
  RewriteEngine On
  RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

作成したファイルをhttp通信用ドキュメントルートの「doc_root」内に設置し、ファイルのパーミッションを「604」または「644」に変更します。以上で設定は完了となります。

簡単インストーラー