HTTPエラーコード一覧

HTTPステータスコードについて

HTTPステータスコードは、HTTPリクエストのサーバーでの処理結果を示すものです。
ステータスコードは以下の5つのクラスに分類されます

100番台 インフォメーション
200番台 リクエスト成功
300番台 リダイレクト
400番台 クライアントエラー
500番台 サーバーエラー

このうち400番台と500番台はエラーを示すメッセージとなります。コードに応じて対処が必要になります。ここでは代表的なエラーメッセージについて解説します。

401 Unauthorized

Basic認証ページでパスワード認証に失敗した場合のレスポンスコードです。

403 Forbidden

リクエストしたページへのアクセス権限がない場合のレスポンスコードです。このエラーが発生する原因は複数あり、主な原因は以下の通りです。

  • ・フォルダへアクセスしていて、かつフォルダ内にindexファイルが存在しない
  • ・リクエストしたファイルのパーミッションが閲覧可能になっていない
  • ・設置した.htaccessファイルの記述内容に問題がある

404 Not Found

リクエストしたファイルが見つからない場合のレスポンスです。
ファイルがサーバーに存在しない場合と、アクセスしたURLを間違えている場合があります。

500 Internal Server Error

主にリクエストしたCGIファイルの実行でエラーが発生した場合のレスポンスコードです。
コントロールパネルで出力設定が出来るアクセスログを確認し、内容に応じてCGIを修正することで解決することが多いです。

503 Service Temporarily Unavailable

サーバー側での負荷が高く、レスポンスを返せない場合に表示されるレスポンスコードです。
原因は以下のようなケースがあります。

  • ・リクエスト数が多く、WEBサーバー負荷が高い状態になっている
  • ・リクエストしたCGIで誤動作が発生している
  • ・リクエストしたCGIが正常に動いてはいるが、負荷が大きくなるコードになってしまっている

簡単インストーラー