WordPressサイトのSSL化

WordPress関連ファイルのssl_rootへの移動

ここではWordPressで作成したWebサイト(http)を、SSL化(https)する手順の解説をします。WordPressインストール前にSSL証明書の設定をしている場合、コントロールパネルの簡単インストーラーを使って最初からSSLに対応した形でWordPressのインストールを行うことも可能です。

通常のドキュメントルートは「doc_root」であり、WordPress関連ファイルはこの配下にあります。SSL通信の設定が完了すると、SSL用コンテンツ用のドキュメントルートとして、新規で「ssl_root」が生成されます。まずはここにWordPress関連ファイル(doc_root配下のwpフォルダ)を移動します。



WordPress管理画面での設定

続いて、WordPress管理画面でSSL通信を有効にする設定を行います。
WordPress管理画面にログインして、WordPress管理者メニューの「設定」>「一般設定」でアドレスを「http://」から「https://」へ変更します。なお、html/cssコンテンツ内に httpで指定したリンクがある場合には、別途 httpsに書き換える必要があります。

設定が完了したらブラウザで httpsのURLを指定しサイトの表示を確認し、問題なければFTPサーバーに接続し「doc_root」配下の「wp」フォルダを削除します。

httpからhttpsへのリダイレクト設定については、こちらをご確認ください。

お客様の設定/構築内容によっては、上記手順だけでは移行できない場合があります。お客様の設定/構築内容に起因する問題についてはサポート対象外となりますので、あらかじめご了承ください。

簡単インストーラー