お持ち込みSSLサーバー証明書のアップロード

お客様ご自身にて用意されたSSL証明書がある場合は、下記手順にて弊社レンタルサーバーへ適用(インストール)することが可能です。
但し、持ち込み証明書についてはサポート対象外となりますので予めご了承ください。

【1】《コントロールパネル》へログインします。
※《コントロールパネル》へのログインは、お持ちのニフクラID、パスワードにてお願いします。

【2】《コントロールパネル》へログイン後、《Web機能の管理》をクリックします。

【3】《Web機能の管理》画面の《SSL証明書の設定》をクリックします。

【4】《SSL証明書の設定》画面の《独自ドメインSSL機能のお申し込み》にて《設定する》をクリックします。

【5】《SSL証明書の設定》画面にて、お申し込み完了のメッセージが表示されたことを確認し、《SSL証明書の設定》ボタンをクリックします。

【6】《SSL証明書の設定》画面の《証明書登録》にある《SSL証明書アップロード》ボタンをクリックします。

【7】《SSL証明書の設定》画面の《FQDN》欄にて対象となるFDQNを選択し、《証明書》欄の《ファイルを選択》ボタンをクリックし、証明書を選択します。
※《キー(秘密鍵)》、《CA(中間証明書)》をアップロードする場合も同様です。
最後に、《アップロードする》ボタンをクリックします。

・wwwあり/なし両方を有効にする場合は、FQDNをwwwありとwwwなしでそれぞれ対応した証明書セットをアップし、有効化してください。

・中間証明書が2つある場合は、2つの中間証明書のテキストをひとつにまとめて《CA(中間証明書)》欄へアップロードするようお願いします。


【8】FTP接続を行いルートディレクトリ配下にSSL用ドキュメントルートの「ssl_root」が設置されていることを確認します。
このフォルダ内に設置されたhtmlファイルやCGIファイルがSSL通信で表示される対象となります。
こちらにおいたコンテンツに対してhttpsでアクセスを行い、表示確認が取れたら完了となります。

簡単インストーラー