.htaccessについて

.htaccessとは

.htaccessとは、Webサーバーの環境をユーザー単位/フォルダ単位で設定するためのファイルです。
例えば、アクセスに対する制限を行ったり、別のページへのリダイレクトするといった設定ができます。

ご利用にあたっての注意点

.htaccessのご利用はお客様ご自身でWebサーバー(Apache)の仕様情報をご確認ください。
お客様にて作成された.htaccessについては当社サポート対象外となりますのでご了承ください。

Webサーバー全体のAllowOverride設定などの、ユーザー領域に設置した.htaccessで利用可能なディレクティブの保証はしておりません。

また、.htaccessで利用可能なディレクティブは他社レンタルサーバーとは異なることがありますので、他社レンタルサーバーから移行された場合、.htaccessファイルはそのまま使えない可能性がありますので、事前に動作確認を行ってください。

利用可能なディレクティブ一覧

ディレクティブ名 概要
AcceptPathInfo 実際のファイル名(もしくはディレクトリ内の存在しないファイル)の後に続くパス名情報があるリクエストを受け付けるか拒否するかを指定します。
ONにすると/test/test.htmlに/test/test.html/pathというリクエストを受けた場合、PATH_INFOに/pathを取得します。
AddDefaultCharset レスポンスのコンテントタイプがtext/plain あるいは text/html の場合に追加するデフォルトのcharsetパラメータの値を指定します。
デフォルトはOffとなります。
<If> 条件式と評価が一致した場合の処理を指定します。
<Else> <If>の条件が一致しなかった場合の処理を指定します。
<ElseIf> <If>の条件が一致しなかった場合の条件式と処理を指定します。
ErrorDocument エラーが発生したときに表示するドキュメントを指定します。
<Files> マッチしたしたファイル名に対して処理を行うディレクティブを設定します。
<FilesMatch> 正規表現でマッチしたファイル名に対して処理を行うディレクティブを設定します。
ForceType マッチしたファイルを指定のMIME コンテントタイプで送るように設定します。
ファイルの拡張子も含め、すべてMIME コンテントタイプの関連付けを上書きするため注意が必要です。
<IfModule> 指定したモジュールが存在した場合に処理を実行します。
<Limit> ディレクティブ内のアクセス制御を特定のHTTPメソッドのみに適用します。
<LimitExcept> ディレクティブ内のアクセス制御を特定のHTTPメソッド以外に制限します。
Options ディレクトリに使用可能な機能を設定します。
<SetHandler> マッチしたファイルがハンドラで処理されるように設定します。
AuthUserFile 認証に使用するユーザとパスワードの一覧が入ったテストファイルの名前を設定します。
AuthName ベーシック認証画面で表示するメッセージを設定します。
AuthType Basic認証のみ設定可能です。
Require Order、deny、allowに代わる2.4以降のアクセス許可ルールを指定します。
<RequireAll> 指定された条件に、すべて一致する場合に許可します。
Allow アクセスを許可するIP、ホスト、環境変数などを設定します。
Deny アクセスを拒否するIP、ホスト、環境変数などを設定します。
Order AllowとDenyが評価される順番を設定します。
Satisfy ホストレベルのアクセス制御とユーザ認証との相互作用を指定します。
例えば、ホストによる制御とユーザ認証による制御を、両方満たす必要がある場合(All)、片方を満たせばよい場合(Any)で設定します。
AddHandler 拡張子を指定してハンドラにマップします。
AddType 拡張子を指定してコンテントタイプにマップします。
Header HTTP応答ヘッダを置換、追加、削除します。
BrowserMatch User-Agentに基づいて環境変数を設定します。
BrowserMatchNoCase BrowserMatchと同様の機能です。
ただし大文字小文字を区別しません。
SetEnvIf リクエストの情報に基づいて環境変数を設定します。
SetEnvIfExpr 条件式に基づいて環境変数を設定します。
SetEnvIfNoCase SetEnvIfと同様の機能です。ただし大文字小文字を区別しません。
DirectoryIndex クライアントがディレクトリをリクエストした際に参照されるリソースのリストを設定します。
例えば、URLの末尾が"/"だったときに参照するファイルを指定します。
Redirect クライアントが指定したURLのリダイレクト先を設定します。
RedirectMatch Redirectと同様の機能です。
ただしURLパターンに、正規表現が指定できます。
RedirectPermanent Redirectと同様の機能です。
ただしRedirect にて指定したURLが永久的なものであることを知らせます。
RedirectTemp Redirectと同様の機能です。
ただしRedirect にて指定したURLが一時的なものであることを知らせます。
RewriteBase RewriteRuleで書き換えた後のベースとなるディレクトリを指定します。
RewriteCond RewriteRuleを実行するための条件を設定します。
RewriteEngine Rewrite機能を有効化します。
RewriteOptions RewriteEngineにオプションを設定します。
例えば、親ディレクトリで設定したリダイレクトルールを、下層でも引き継ぐようにしたり、URL末尾にスラッシュが無くてもディレクトリとして扱うようにします。
RewriteRule リダイレクトの規則を設定します。
FilterChain 指定したフィルタを有効化、または無効化します。
FilterDeclare フィルタ名を指定してフィルタの定義を宣言します。
FilterProtocol フィルタによる変更をHTTPレスポンスヘッダに反映させるか否か設定します。
FilterProvider コンテンツフィルターを登録します。
例えば、プロバイダ名はDEFLATE(=mod_deflate)を設定します。
ExpiresActive Expiresと Cache-Controlヘッダを 有効にするか無効にするかを設定します。
ただしExpires と Cache-Control ヘッダの存在を 保証するわけではありません。
ExpiresByType MIME コンテントタイプによって設定される Expires ヘッダの値を設定します。
ExpiresDefault デフォルトのアクセス期限を設定します。

簡単インストーラー