FFFTPの設定

FTPS接続について

FTP通信に加えて、よりセキュアな通信を可能とするFTPS通信にも対応しています。FTPS通信では、通信を暗号化することが出来るため、データの送受信を安全性も高めた上で実施することが可能です。

FTPS通信ご利用時のご注意事項

FTPS通信では、一部のFTPソフトにおいて、大量にファイルのアップロードやダウンロードをするとうまくいかない場合があります。なお、FTPSを許可するファイアウォールの設定をすると、問題が解消される場合もございますが、ファイアウォールの設定にあたっては、弊社のサポート外となりますため、お客様社内の管理者様に確認の上行っていただきますよう、お願いいたします。

FFFTPの設定方法

【1】FFFTPを起動し、《ホスト一覧》画面が表示されたら《新規ホスト(N)》をクリックします。

※FFFTPを起動しても《ホスト一覧》画面が表示されない場合は、FFFTPのメニューにある《接続(F)》をクリック、ホストの設定(H)をクリックすると《ホスト一覧》画面が表示されます。

img

【2】《ホストの設定》画面が表示されます。《基本》タブの各項目を入力し、最後にOKボタンをクリックします。

img
ホストの設定名(T) 任意の文字列をご入力ください。
ホスト名(アドレス)(N) 登録完了メールに記載されているFTPサーバーをご入力ください。
例)ftp.example.co.jp
ユーザ名(U) 登録完了メールに記載されているFTPアカウントをご入力ください。
パスワード/パスワードフレーズ(P) 登録完了メールに記載されているFTPパスワードをご入力ください。
ローカルの初期フォルダ(L) お客様の転送元となるフォルダ名をご入力ください。(任意入力)
ホストの初期フォルダ(R) httpの場合は「doc_root」、httpsの場合は「ssl_root」をご入力ください。(任意入力)

【3】《暗号化》タブを開き、《FTPS(Explicit)で接続(E)》のみチェックし《OK》をクリックします。 (※)

img
FTP(非暗号化)通信での接続について
2020年7月20日より、従来のFTP通信に加えて、よりセキュアな通信を可能とするFTPS(File Transfer Protocol over SSL/TLS)に対応いたしました。 FTPSでは通信を暗号化することが出来るため、上記の設定方法でFTPS通信をご利用いただくことを推奨いたします。 なお、FTPS接続ができない場合や、暫定的にFTP(非暗号化)通信で接続を行う場合は、以下の設定で、FTP(非暗号化)通信が可能です。

《ホストの設定》画面にある《暗号化》タブを開き、《暗号化なしで接続を許可(A)》のみチェックし《OK》をクリックします。

img

DNS切り替え前の設定方法

他社サービスからの移行(乗り換え)の際、DNS切り替え前に使用される場合は《ホストの設定》画面の《ホスト名(アドレス)(N)》欄に「ftp.hosting.nifcloud.com」をご入力ください。

※ DNS切り替え後は必ず通常の設定にご変更ください。

簡単インストーラー