メールアカウントの変更

メールアカウントを変更する

【1】コントロールパネルの「メールホスティングの管理」をクリックします。

img

【2】メールホスティングへのログイン画面が表示されますので「管理者メールアカウントパスワード」を入力しログインしてください。

img

【3】
①「アカウント情報」タブをクリックします。
②「アカウント情報一覧」より、アカウント情報の内容を変更したいメールアドレスを選択します。

img

【4】
①変更内容を入力します。
②変更内容を入力後に「OK」をクリックします。

img

【5】変更内容を確認して、「変更」をクリックします。

img

【6】アカウント情報の変更が完了します。

img

※[補足情報]
アカウント情報を一括で変更したい場合には、CSVを利用します。

【1】「アカウント情報」タブで「アカウント情報アップロード」をクリックします。

img

【2】「アカウント情報アップロード」画面が表示されたら、「参照」を押します。

【3】「ファイルの選択」画面が表示されたら、アップロードするCSVファイルを選択し、
「開く」をクリックします。

【4】以下の形式で、アップロード用CSVファイルを作成します。
その際に、2列目の項目「アクション」を「u」と記載します。

項目名 文字種別 必須/非必須 桁数 備考(記述内容)
1 レコード番号 半角数字 - 1からの連番です。
2 アクション 半角数字 1 a(追加)またはu(更新)
3 メールアドレス 半角文字 193 メールアドレス(例:name@example.co.jp)を入力します。
4 アカウント名(ログインID) 半角文字 255 元に入力したメールアドレスと同じものを再度入力します。
5 パスワード 半角文字 24 6文字以上で、必ず「アルファベット」と「数字」をそれぞれ1文字以上使用してください。*2 。
6 氏名 全角文字 255 アカウント利用者の氏名を入力します。漢字やかなも使用できます。
7 メールボックスの容量 半角数字 10 メールボックス容量の数字のみ入力します。
8 利用エイリアス数 半角数字 10 「0」を入力してください。
9 転送先アドレス数 半角数字 10 1~10のうち、いずれかを入力します。
10 ウィルスチェックサービス 半角数字 1 1:使用する、0:使用しない 。
11 スパムメールブロックス 半角数字 1 1:使用する、0:使用しない。
12 迷惑メールフィルター 半角数字 1 1:使用する、0:使用しない。
13 Webメール 半角数字 1 1:使用する、0:使用しない。
14 モバイルメール 半角数字 1 1:使用する、0:使用しない。
15 メール保存期間(日) 半角数字 10 メール保存日数を数字のみ入力します。「0」を入力すると無期限となります。
16 自動応答設定 半角数字 1 1:使用する、0:使用しない。
17 メールソフトを使ったメールの受信 半角数字 1 1:使用する、0:使用しない。
18 POP Before SMTP設定 半角数字 1 1:使用する、0:使用しない。
19 外部へのメール発信 半角数字 1 1:使用する、0:使用しない。
20 ステータス 半角数字 1 1(サービス中)、2(ロック中)、3(停止中)が設定できます。

【5】「OK」を押し、「アップロード」を押します。アップロードしたCSVファイルがアップロード情報一覧に表示されます。
※尚、「アップロード情報一覧」に残ったファイルは、チェックボックスをオンにして「削除」を押すと削除することも出来ます。

img

<注意事項>
・アカウント情報のダウンロードファイルとアップロードファイルはフォーマットが異なりますので、ダウンロードしたファイルをそのままアップロードしてもエラーとなります。必ずアップロード用のフォーマットに編集してからアップロードを実行してください。
・アカウント情報の一括アップロードは、1CSVファイルあたりアップロードできるアカウント数が500アカウントまでです。500アカウント以上の一括登録をされる場合は2回に分けてアップロードしてください。なお、アカウント情報の一括ダウンロードに制限はございません。

<エラーメッセージについて>
・「アップロード可能な最大ファイルサイズを超過しています」
 ファイルの形式がCSV形式になっているか確認してください。
 ※xls形式になっているとファイルサイズが大きくなる場合があります。

・「CSVのファイルフォーマットがアクションと一致しません。」
 CSVファイルとして保存してください。
 「ファイル」→「名前を付けて保存」→「ファイルの種類」CSV(カンマ区切り)(*.csv)を選択→ファイル名を任意のファイル名にして保存
 ※xlsファイルとして一度保存してから、CSV形式のファイルに直したりすると、余計な情報が含まれる場合があります。