#import("/parts/tracking.htm")

メールを利用する

メールアドレスを管理する[アカウント管理者]

メールボックス容量閾値(しきい値)を設定する

メールボックスの使用容量が一定値(閾値)を超過した場合に警告メールを送信し、容量をオーバーしないよう事前に通知することができます。

ご注意

警告メールは閾値越えをしているアカウント利用者と アカウント管理者宛てに1日1回送信されます。

※はじめにWebメールにログインします。詳しくはマニュアルの《Webメールにログインする》をご覧ください。

上メニューの《ツール》 > 《メール詳細設定》をクリックします。

《メールボックス容量閾値設定》タブをクリックします。

《メールボックス容量閾値設定》タブをクリックします。

使用容量の警告閾値をプルダウンリストから選択します。

※初期値は80%で設定してあります。

設定例)

警告メールを最小限に抑える場合は、警告閾値を95%に設定
警告メールを早めに受け取りたい場合は、60%に設定

使用容量の警告閾値をプルダウンリストから選択してください。

《変更する》をクリックします。

メールボックス使用容量警告閾値設定完了画面が表示されます。

メールボックス使用容量警告閾値設定完了画面が表示されます。
参考

警告メールのサンプル

アカウント利用者宛 警告メール

From: MAIL-ADMIN
Subject: Warning: Mailbox usage status notification

メールボックス使用率が60パーセントを超えました。
不要なメールを削除してください。
現在の使用量 : 2.1MB
最大使用量 : 3.0MB

なお、このメールはシステムから自動送信されています。


The mailbox exceeded the 60 percent.
Please delete unnecessary mail.
Present use capacity: 2.1MB
Maximum use capacity: 3.0MB

This mail is being transmitted by the system automatically.

アカウント管理者宛 警告メール

From: MAIL-ADMIN
Subject: Mailbox usage status notification

メールボックスの容量がしきい値を超えた以下のアカウントに対して、しきい値を超えた旨のメールを送信しました。
The warning mail was transmitted to the following accounts.

Domain : example.co.jp
List :
aaaa@example.co.jp
PAGE TOP